Time is the great quther, always writes the perfect ending

映画や海外俳優に騒いでいるブログ

スタートレックビヨンド【感想】【レッドカーペット】

10月半ばスタートレックビヨンドのレッドカーペットに行ってきたよ。

今更すぎるけど思い出としてアップするよ(書くのがおそい)

映画とレッドカーペットの感想。

l29ki.hatenablog.com

こんな記事を書いてたくらいサイモンペッグが大好きなのですが今回JJエイブラムスと来日するということで応募してみるとまさかの当選。

上京してから好きな映画の来日イベント系は応募したりしているけど当たったこともなく、空港出待ちもしたことないので、ハリウッド俳優を間近に見る初めての機会に感激した。

 

当日は早起きして会場へ。

8時位に会場着。整理番号は170番台。

正直200番台以内に入ればあとは場所次第という感じがしました。

始発で来てた人たちは最前押さえられてたにもかかわらず、列によっては時間が押してきてサインをもらえなかったりしていてかわいそうだったな。

f:id:k29iii:20161209152248j:plain

f:id:k29iii:20161209152302j:plain

友人とおしゃれ飯を食べつつ(ハンバーガーにリンゴがはいっているおしゃれさ)、時間をつぶして会場入り。

整理番号順に入場し、入場してからは好きなところへ。

友人も私も初のレカぺイベントのため場所の見定めが難しく適当に左の方に行ったところ大当たりでした。

時間が基本的に押す様だから順路的に最初に俳優さんたちが来そうな方に行った方が良いかなと思いました。

 

f:id:k29iii:20161209152402j:plain

 

暫く待っていると音楽が流れ始めばっちりビヨンド感が出てきた。

あゆがいけん(ラジオでよくなまえをきく気がする)さんの司会進行が始まり

ドキドキしながら待っていると前方から悲鳴が。

恐らく皆が来たのだろうと必死に目を凝らすも、うわー前の方全く見えない!!!と悲しんでいた。

 

f:id:k29iii:20161209152531j:plain

f:id:k29iii:20161209153042j:plain

しかし、途中からこんな感じでJJ、サイモン、ジャスティンリン監督が突如として視界に入りこんできます。(興奮を表したいので動きのある写真を載せています)

すごい。目の前に。

 

f:id:k29iii:20161209153835j:plain

 そして私の半径数センチにサイモンペッグがやってきます。

大好きな映画の中に出てくる海外俳優さんが目の前にいるというのは、もう言葉にならないくらいの感動。

一緒にセルフィ…と思っていたけどそんな心の余裕は全くなく、目が合って笑顔でHiと言われただけでめちゃくちゃ感動しました。

 

 

f:id:k29iii:20161209154203j:plain

  ちゃっかりサインはもらってきました。うおお…。

 

f:id:k29iii:20161209154941j:plain

そしてJJが本当に親切すぎました。

写真を…とお願いしたら快く受け入れてくれた上に、自分の携帯で自撮りするのに手間取っていたら、JJが撮ってあげてと、私の携帯をJJと一緒にいた外人さんに渡して写真とってくれた。facebookプロフィール画像にしたいレベルです。

終始ニコニコしていて思わず日本語でありがとうと伝えたらあちらからも日本語でありがとうと返ってきて嬉しくなりました。

f:id:k29iii:20161209154517j:plain

ジャスティンリン監督とも一緒にとってもらった。

皆本当に親切。いい人。

楽しかった。

今こうして感想を書いていてもあの時の余韻に浸ってニヤニヤしてしまう。

当たって良かったし、社畜なのに勇気を振り絞って午後休みをもらって行けてよかったなあとしみじみと思う。

 

めちゃくちゃレッドカーペットイベントを満喫している笑

 

 

f:id:k29iii:20161209160630j:plain

 

 来日した3人のサインが入ったビヨンドパンフは宝。

 

 

ビヨンドも公開初日に見てきたけど面白かったです。

映像がすごくてSF感がすごかった。

無重力ペンキという道具がドラえもんに出てきますが視覚的にそれを彷彿とさせる感じでした。夢がある。

前作の方が敵が魅力的だなあと感じたけど、今作は映像の美しさや仲間たちが各々活躍しているパートを見ているのが面白かった。

 

今作で大活躍していたアントン君は本当に残念だった。